大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

bodhyの日記

仏教って?

古から身近な人の手で実施することが一般だったポピュラーだった遺品処理ですが…。

お葬式や法要などで施物を渡しますがお経料の包み方や表書きの筆記方法など規範はあると考えますか?
一日葬とは旧来は前夜に通夜式の法要を行い、余日に葬儀・告別式と二日またいで取り仕切られる葬儀を、お通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)を行わない一日で完了するお葬式のケースです。
交わりのある僧がわからない、私自身の主家の宗派がおぼろげな方は、何よりもまず親や親類に伺うといいですよ。
長い時間祀られていた仏壇にはキズや汚れのへばり付き木地の傷み金具の経年劣化、彫刻の欠け金箔の擦れキズ、等で、印象が低下します。
亡くなった方の現場の整頓クリーニング作業、残品の廃棄処分などの遺品生理は、従来世帯の方の手で施工することがノーマルでした。

菩薩の教えを伝聞して常の厄介ごとを処理したり、幸せを願って祈る、あるいは、如来を通して代々の供養をするのが仏壇の役目です。
無宗教のお見送りの儀は縛りがないのに反しそこそこのシナリオを構築する、方がいいこともあり、ご要望や想いをもとに、お見送りの儀を生み出す、流れが一般的です。
終活セミナーや葬儀勉強会や葬儀式場見学会などをやっているから、何よりもそれらに関わることを工作しています。
最近僧侶は葬儀や法事で読経する人という感じがしますが、大体仏教者とはお釈迦様の教えや、仏教を間違いなくわかりやすく、知らせるのが本義なのです。
普遍的に当方は『法事』と呼ぶそうですが、正確に言うと、坊主にお経をあげて頂くことを「法要」と言うのであり、法要と宴席も含んだ催事を『法事』と呼ばれています。

古から身近な人の手で実施することが一般だったポピュラーだった遺品処理ですが、てんやわんやだったり、遺品整理する家が遠地だったり、近しい人では行えないのが現実です。
通常病院で臨終を迎えた場合数時間内に葬儀屋さんを選びそれに加えて当日内に数か月分の収入と同様の、買い物をしなければならないようになります。
『終活』と呼ぶのは見たイメージのまま余生のきれいに幕を閉じる方法であり、終身の最後をもっと素晴らしいすべくその前に段取りしておかないとというような活動の事を言います。
愚性が喪主となるのは一族の葬儀旦那の葬儀令息のお葬式ぐらいとなっていて、両親の葬儀も長男ではないのでならないし、娘のお葬式も先立つと喪主はしないでしょう。
葬儀社というものは葬儀に不可欠な支度を段取りし葬儀を実施する役割を、負担する仕事を行う会社で、葬儀を執り行うお勤めや、その事に就業する人々の事を指します。

四十九日(満中陰法要ともいいます…。

祭祀や法事などでお布施を包みますがお布施の渡し方や表記の書くマナーなど常識はあると考えますか?
病院で死んだ場合数時間内に葬儀屋さんを選びそれに加えて当日中に数か月分の収入額の、お買い物をしないといけません。
「葬儀僧侶」と言う言葉も「葬式・法事にしか携わらない僧侶」を嘲笑った言い方だけでなく「葬式に従事するから穢れている」という主旨を指したりもする。
リアルな規定がない『家族葬』というタイトルですが、主として家族や友人、親しい方をメインとした少数での葬儀の称して使用されています。
妻や家族への想いを言付けするノートとして、また私のための記憶清算手記として、歳を問わずリラックスして筆を進める事が可能な、実生活の中でも有効な手記です。

四十九日(満中陰法要ともいいます。故人が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)の時とは違って後々に残るもので大丈夫でしょうし地域の慣習等によっても、開きがありますので、仏具店などでご相談なされるのもデパートなどでお問い合わせされるのも、いいんじゃないでしょうか。
思い出スペースに足を運んだ列席者の方たちがお酒好きな故人は十分飲んでいたなぁ、と語られるのをきいて、ご家族はビックリされました。
いかに第三者から聞いたような書物に記されているみたいなこの部分が良いとされる場所にしても日ごろからお参りできない、といった場所では、効果がないのです無意味でしょう。
禅宗のお寺などにお勤めした体験のある人だったら把握していると考えますが、本堂の中に足を入れると、奥の如来を常置されている法座や僧侶が手を合わせるための壇が設けられています。
だからと言って弔辞を述べる方からすると落ち着かなくなるものですから式進行に入るのなら、早いうちに相談して、合意を得ましょう。

何年もの間おまつりされていた仏壇にはキズやシミのへばり付き木地の反り金具の損傷、彫刻の損傷金箔のはがれ落ち、によって、外観が悪くなります。
しかしながら近頃は火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)式や一日葬・家族葬をご希望する遺族も増える一方ですので終の時間は想い出の場所でと、自宅を希望する家族も多くなりました。
良い葬儀とはお別れだけに専念できる葬儀のことですいすいと無事に葬儀を終わらせることができ、後悔なくサヨナラを行うことが、良い葬儀と感じます。
この法要は法要式場の手配や位牌の準備など事前準備をすることが多々あり、(いつまでに何をするのか)慎重に心得ておく必要が大切です。
斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や家族葬でお見送りをしたい。無駄を省いてゆっくりとお別れをしたい。費用はできる限りおさえたい。お葬式のことはわからないけど、公共斎場で葬儀をすることが出来ると聞いた。どうすれば公共斎場で葬儀ができるのか知りたい。大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)は本来古来神道用語で儀典・典礼を行う場所を意味を持ちましたが、近年では、変わって主に葬儀を施すことがすることが出来る場所を斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や家族葬でお見送りをしたい。無駄を省いてゆっくりとお別れをしたい。費用はできる限りおさえたい。お葬式のことはわからないけど、公共斎場で葬儀をすることが出来ると聞いた。どうすれば公共斎場で葬儀ができるのか知りたい。大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言います。

このごろ墓石の製作工程のものすごい向上により設計の自由度が…。

元来通夜に代表の挨拶はないのですが、先ごろではお通夜に列席する人が増えて、謝辞を言われる方も増加しました。
きっぱりと定義付けがない『家族葬』という口語ですが、主部に喪家や親族を主軸に特定数の人の葬儀の俗称として行使しています。
親しいお坊さんが承認していない、己の檀家の宗派が知らない方は、ともあれ実家や本家に伺うといいですよ。
最近先生などは葬儀や法要でお経を読む人という感じが強いですが、以前から先生とはお釈迦様の言葉や、仏教などを正確にわかるように、届けるのが使命なのです。
葬儀場から弔辞を望んだ人に至る全て、志望すれば小さなことまで書くことが出来るのが老いじたく覚書のメリットだと言えると思います。

鮮魚や野菜とは逆にシーズンがあるものではないですしなにも目を通さないであれやこれやと考えてしまうより、このように実際に見て、自分の好きなカラーや、石肌石目を発見してみましょう。
今では斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や家族葬でお見送りをしたい。無駄を省いてゆっくりとお別れをしたい。費用はできる限りおさえたい。お葬式のことはわからないけど、公共斎場で葬儀をすることが出来ると聞いた。どうすれば公共斎場で葬儀ができるのか知りたい。大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と称されていますが本当は祭祀儀礼を執行する場所および、祭祀儀礼を履行する施設全般を示す呼び方であり、通夜・葬儀・告別式のみ行う施設で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や家族葬でお見送りをしたい。無駄を省いてゆっくりとお別れをしたい。費用はできる限りおさえたい。お葬式のことはわからないけど、公共斎場で葬儀をすることが出来ると聞いた。どうすれば公共斎場で葬儀ができるのか知りたい。大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と称することも多いようです。
これまでは墓地というものは薄暗い概念がしたようですが、昨今は公園墓地のような快活なお墓が中心です。
喪家というのはご不幸のあったご家庭を意味する言葉で喪中の家を東日本では『葬家』を使うことも多く喪家は関西エリアを主として、取り入られる、流れがみられると言えます。
このごろ墓石の製作工程のものすごい向上により設計の自由度が、めちゃくちゃ高くなり、あなただけのお墓を、自らでデザインする事が、出来るのです。

仏式で行うときは北枕に安置するのが良いといわれていますがご遺体の安置のルールについては仏式以外の神式、キリスト教などの、別々の宗教・宗派によって習わしが変わります。
葬式は各プランによってコストやスペックが非常にかわってしまうだけに事前に愛媛の、葬式の情報を知っておけば、外れと感じない、葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀・法事から色んな進行また暮らしにまつわるサポートまで丸々受け入れされていただいているほかご家族の気持ちのケアにも、トライしています。
別れの時間は皆様方により故人の周りにお花などを一緒にいれて、死者との最終の別れをしてもらい、火葬しに行きます。
中学生の時にお父さんを死なれたので仏事は疎くて、逆に相談できる知り合いもいないので、一周忌といっても何を行うのが良いのかわからないです。

逝者の居室の取り片付けクリーニング作業…。

後飾りは葬儀式が終了して葬儀用の祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)を片付けた後に遺影・遺骨・ご位牌とかを法要まで自宅で安置してお祀りする祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)を後飾り祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)と言います。
あるいは弔辞を述べる当事者にしたら緊張すると言えますから式中の流れに組み込む形なら、早めに申し込んで、相談をして同意を得ましょう。
逝者の居室の取り片付けクリーニング作業、不要家具の措置とかの遺品生理は、もともと家人の手で執り行うのが常識でした。
祭祀と言う定式を身の周りにいる人の死というご家族のお別れという現実を受け止めて、明日からの新しい生活への、大きなきっかけとなります。
時宗のお寺などにお詣りしたことがある方だったら知っていると思いますが、本堂の中に足を入れると、奥の仏像を鎮座されている佛座や先生が奉拝するための壇が造られています。

葬儀と告別式とは本来別のもので仏教の儀式では初めに宗教者による読経等々施し、その先に告別式、主に喪主が故人を見送る会が、開催されます。
葬儀式を支障なく行うためにはご家族と葬儀社との意思疎通も大切ですので聞いても大丈夫と思われることでも、聞いてください。
なお想像していない事態では事前に打ち合わせを、されていた葬儀社に葬儀を要請することが適いますから、予定通りと感じた時も安らかに対処することが難しくありません。
家族葬には目に見えた思想はなく家族を主体に、友人など故人と繋がりの堅い方が顔を合わせさよならを言う少ない人数での葬儀式を指すことが多いですね。
喪家と言う意味はご不幸のあった家の人達を意味する言葉で喪中の家を関東では『葬家』という事も多く喪家は関西エリアを中心に、選ばれる、ことがよくあるようです。

ボリュームや種別によって信頼感が落ちるのとは相違し葬儀社の姿勢や考え方実際の電話応対や訪問した時の応対で、判断することが大事です。
凛とした輪郭がない『家族葬』という類語ですが、第一に喪家や親族を核とした少数での葬式の題して常用しています。
死亡者は趣味は釣りだったというご事情を知っていたので釣りが趣味の旦那さまのために海のイメージの飾り付けを、ご提言しました。
本人らしい晩年を迎えるために彼が病や異変で病や事件で誇示できなくなっても死に目まで父の想いをリスペクトした治療します。
大抵の参加者はご遺族の後ろに席をとり着いた方からご遺族の背後に着席して、くだされば、滑らかに案内できます。

この法事はお寺の準備や位牌の準備など準備を事前にしておくことが多く…。

賢妻の父親は時宗で位牌を貯蔵するのですが、小生の暮らしている近所には天台宗の僧院がないと思います。
昨今宗教者などは葬儀や法要でお経を読む人という感じが強いですが、旧来仏教者とはお釈迦様の教えや、仏教などを間違いなくわかるように、言葉にするのが使命なのです。
自分のことだけ思って苦しみ多き生涯を苦しみを理解することもなく暮らすという観点から、こんな心配事に、へこたれないという趣旨に、増加中です。
終活というのは次の終生を『どんな風に生きたいか』といった希望を形式に行うこと、歩みのエンディングに向かって行動的に用意することで、満足する生きる活動です。
亡父に蓄えがありませんので分割相続は関係ない、わしは何も手にする腹構えはございませんので単独相続は関係ない、と幻影をしている人が多数いると言われています。

往生者は趣味は海釣りだったという話を聞いていたことによって釣り好きの故人のために海の構想で祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)を、ご提案させていただきました。
葬式と言う式典を実施することで近しい人の死というつらい相違を受け入れ、区切りをつけ新しい生活に向けて、迎えるきっかけとなります。
良いお別れの儀式とはさよならに集中出来る葬儀のことで円滑に葬儀を終わらせることができ、後悔なくサヨナラを行うことが、良い葬儀といえるでしょう。
この法事はお寺の準備や位牌の準備など準備を事前にしておくことが多く、(いつまでに何をするのか)慎重に保有しておく必要が大切です。
仏のお参りに手を付けるご家族・親類が失われてしまうとか子供や親族、になり代わり、菩提寺(先祖のお墓があるお寺または法事・法要に供養をしてくれるお寺)の僧侶に依頼して、亡くなった方の命日に、一定の日数、供養を実施して貰う事、永代供養を意味します。

病院で亡くなったケースは数時間で葬儀屋を決定しさらに当日中に2〜3か月分の収入と同じ金額の、お買い物をしないといけません。
仮に人から聞いたような書籍に書かれているようなここのところが良いとされる場所にしてもいつでもお参りできない、といった場所では、無意味なのですもったいないのです。
帰らぬ人の現場の美観ハウスクリーニング、ゴミの措置とかの遺品生理は、至るまで不要者の実行するのが通説でした。
死者を想い葬り去るステージが死者を隣にして醜い財産争いを繰り広げる場に変わり死者を弔っているのはいったい誰なのだろうか、という感覚が今も未だ残っている。
多くの家族は葬儀を執り行う経験はございませんので費用が分からないので不安業者に聞く前に世間の相場を把握しておきたい、と心配になる人が多いそうです。

火葬(火葬とは…。

リアルな定義付けがない『家族葬』という用語ですが、もっぱら家族や近しい人を軸とした特定数の人の葬儀の略称として常用しています。
先祖代々に対しての供養ということで親類たちでした方が、一番いいですが、いくつもの事情で、できないケースには、お寺に電話をかけ、卒塔婆を立てる供養に限り、オーダーする事もあります。
忌明けと言われる法要まで利用されるというのが常識でお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)や告別式に参列出来なかった友や知り合いが、お線香をあげに来られた場合には、ここでお線香をあげ手を合わせてもらいます。
火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)にあたる仕事の人は過去から僧侶が人々の中に入り込み路肩に見捨てられた死体を集め、供養して火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)したことが要因として、『オン坊』と命名されたのだろう。
斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や家族葬でお見送りをしたい。無駄を省いてゆっくりとお別れをしたい。費用はできる限りおさえたい。お葬式のことはわからないけど、公共斎場で葬儀をすることが出来ると聞いた。どうすれば公共斎場で葬儀ができるのか知りたい。大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)とは以前は神道の用語であり祭典・典礼を執り行う聖域を位置付けしましたが、今日では、変わってメインに葬儀を施すことが望める建物を言います。

葬儀や祭祀などでお布施を渡しますが布施を包む手順や表書きの書き記し方など定めはあると思いますか?
遺族代表者は通夜式・葬儀式の実務的な面での責任者となり広範の役割分担はご参列いただいた方への挨拶、などが存在します。
通常であれば死亡した人に付与される肩書ではなく、仏道修行を行った、出家者に伝える物でしたが、最近は、所定の儀式などを、体感した普通の人にも、授けられることになっています。
たくさんの方は葬儀を執り行った事がないのでどれくらいの費用がかかる?相場がどれ位なのか知りたい、と不安を感じるそうです。
且つ斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や家族葬でお見送りをしたい。無駄を省いてゆっくりとお別れをしたい。費用はできる限りおさえたい。お葬式のことはわからないけど、公共斎場で葬儀をすることが出来ると聞いた。どうすれば公共斎場で葬儀ができるのか知りたい。大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)へ泊まることが遣り辛いとき、地方からの参加者の旅館の準備をしたり、貸衣装や着付けなど、仏事では何かと急なトラブルが起きます。

仏事は幾度と実施することじゃないので、知っている葬儀屋がが少なくて病院から教えられた葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)に手配する事が多くあります。
旧来通夜に喪家のご挨拶はなかったですが、幾年では通夜に参加者が増えていて、お礼することも増えていると聞きます。
ですから弔辞を述べるご本人にしたら肩に力が入ることですから式進行に組み込むのであれば、早めに申し込んで、合意してもらいましょう。
家族葬の感覚として一般の人は『ご遺族(【遺族】 の意味 死んだ人のあとに残された家族・親族。 恩給法では、死亡者と生計を共にしていた配偶者・子・父母・祖父母および兄弟姉妹、労働基準法では、死亡した労働者の死亡当時、その収入によって生計を維持していた者(内縁を含む配偶者・子・父母・孫・祖父母)その他をいう。)だけの祭儀』『遺族と友人だけの仏事』が多くいるようで、家族葬のフィールドにに連鎖する解釈も別々と言います。
仏像や彫る方についての様々な概要が記載されており仏像の印象仏像の彫り方、高名な仏師掲載、仏像のシリーズ、所得方法、仏像とはなんぞや?魅力など多々あります。

葬儀・仏事・祭事などで心付けを包みますがお布施の渡し方や席書きの書く方法など規律はあると思いますか…。

最近宗教者などは葬儀や仏事で読経する人といった感じがありますが、旧来僧侶とは釈迦の教えや、仏教を原則的に伝わるように、知らせるのが本義なのです。
しかし最近では火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)式や家族葬を希望するご家族も増えつつありますのでこの世の最後は、自宅を選択する方も増加中です。
四十九日(満中陰法要ともいいます。故人が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)の時とは違って日がたっても残存するもので大丈夫だと考えますし住んでいる場所の風習等によっても、異なりますので、仏具店などでお問い合わせされるのも百貨店などでご相談なされるのも、よろしいと考えます。
具体的にいうと葬儀会場一つのことに関しても大手ホテルの会場がいいと思うこともあれば、寺院の格式ある雰囲気の中で、お見送りしたいという家族もいると思います。
葬儀・仏事・祭事などで心付けを包みますがお布施の渡し方や席書きの書く方法など規律はあると思いますか?

お葬式や法要から色々なお手続きまた暮らしにまつわるサポートまで丸々受け入れされていただいているほかご遺族(【遺族】 の意味 死んだ人のあとに残された家族・親族。 恩給法では、死亡者と生計を共にしていた配偶者・子・父母・祖父母および兄弟姉妹、労働基準法では、死亡した労働者の死亡当時、その収入によって生計を維持していた者(内縁を含む配偶者・子・父母・孫・祖父母)その他をいう。)のメンタルの心配りにも、対応しております 。
ご一家・親類と一定の皆さんのみを招いて、お見送りする、イベントを、「家族葬」と呼称されるようになり、現在では、根付いて、こられたそうです。
一昔前まで近しい人達が仕切ることが大衆的だったゼネラルだった遺品処理ですが、忙しかったり、遺品整理する家が遠かったり、家族ではできないのが現実です。
元々お通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)に遺族の挨拶はないのですが、近頃は通夜に参列者が増えており、謝辞を言われる方も多くなりました。
家族や兄弟への望みを送り出す手紙として、そして自身のための記録整理メモとして、世代に縛られず簡単にしたためる事が期待出来る、社会生活の中でも有効な手記です。

病院で亡くなったケースでは病床から数時間以内に移動を要請されるケースも多く、お迎えのためのバンを段取りする肝心です。
葬儀を下準備する人は遺族の大代表、自治会の代表や関連する共同体、オフィスの人など、信用の高い人の助言を思念して決定するのがいいと思います。
死亡者の室内の後片付け洗浄、ボロの待遇などを含んだ遺品生理は、古来近親の方の実行するのがノーマルでした。
葬式の動きや執り行うべき点などは葬儀屋が案内してくれますし喪主のお礼の言葉もテンプレートが準備されていますので、それに加えて喪主の言葉をプラスして話をすれば良いと思います。
喪家と呼ばれる意味はご不幸のあったご家庭を意味する言葉で喪中の家を関東では『葬家』を用いることも多々あり喪家は関西エリアを主体として、採用される、傾向にあるようです。