大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

bodhyの日記

仏教って?

死没者の考えを尊重し親族だけで葬式をし終えたところ葬式に故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します…。

子供や大切な人への想いを言付けするノートとして、それから自己のための考え要約帳面として、年齢に関係なくサラリと記録することが出来る、営みの中でもありがたいノートです。
葬儀式会場から弔辞を貰いたい人にわたって、願うなら小さなことまで書き残す事が出来るのがリビングウイルの実利です。
死没者の考えを尊重し親族だけで葬式をし終えたところ葬式に故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】をしのび故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】に手を合わせ、お参りさせてくださいと自宅へ、きてくれます。
思い切って記述したエンディングノート(「エンディングノート」とは、自分にもしものことがあった時のために、伝えておきたいことをまとめておくノートのことです。2011年10月に「エンディングノート」という映画が公開されたため、注目される方が増えたようです)も在りどころを共通して認識がなければ価値はないので、信認が厚い人に知らせておくのが良いでしょう。
あるいは不測の際には生前に相談を、されていた葬儀会社に葬儀を頼むことが望めますので、本当にというような時も心地よく対することができるはずです。

古来ではお通夜は故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】と仲の良い人が徹夜で故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】の傍にいてのが通常でしたが、この頃は訪問者をお迎えして通夜を施工し、2時間程度で終焉するのが大衆的です。

f:id:go-tokita:20170504134512p:plain


だいたい病院で亡くなった場合数時間で葬儀屋を決定しそれに加えて即日に2〜3か月分の収入と同じ金額の、お買い物をしないといけません。
そんなふうに尊い方を死別した遺族、と比べて、周辺の、見知り合いが、金銭事情、お助け、を試みる。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)セミナーや終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)勉強会や斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場瓜破斎場鶴見斎場が有名です。大阪府堺市では堺市立斎場公営斎場としてあります。民営斎場では、町屋斎場代々幡斎場などがあります)見学会などを行っているはずですから、ともかくそれらに参加してみることをおすすめしています。
四十九日(満中陰法要ともいいます。故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)法要の時とは全く違って時間がたっても残存するもので大丈夫だといえますし住んでいる場所の慣わし等によっても、バラバラですので、仏具店などでご相談なされるのも仏具店などでご相談してみるのも、良いかと思います。

今では宗教者は葬儀や法要でお経を読む人という心象が強いですが、以前から宗教者とはお釈迦様の言い伝えや、仏教を原則的に伝わるように、知らせるのが職責なのです。
ここ何年かで墓石の制作技量の大きな進歩により構想の自由度が、めちゃくちゃ躍進し、自らの墓石を、自ら構想する事が、出来ることになったわけです。
「葬式僧侶」という言葉も「葬儀・法事だけをするお坊さん」を嘲笑った言い方だけでなく「葬式に従事するから穢れている」という意味をと言うこともある。
我らしい死に際を迎えるためにお婆ちゃんが病や事件で病気や障害で宣言出来なくなっても滅亡まで母の考えをあがめた治療をするでしょう。

f:id:go-tokita:20170504134525g:plain


大事な人が亡くなってしまったことを終りを迎えたことを理解し故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】を祀り集まった家族や友達と、その悲しみの共感する事で、悲しみは和らぎます。