大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

bodhyの日記

仏教って?

最近先生などは葬儀式や仏事でお経を読む人という感じが強いですが…。

寺院とお付き合いなどなく葬儀のケースに業者に寺院をコネクトして頂くケースは、お布施の金額はどんだけ手渡せばいいのか不明なので、ストレスを抱え込む人も多いみたいです。
現実的に列席者をどれくらいの人をお願いしていかほどのスケールの葬儀を執り行うことを選択したり、故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】の思いなどを考慮して、どんな感じの葬儀にするかを決定します。
病院で亡くなった事例の時は2〜3時間で葬儀社を選び他にも当日に2〜3か月分の金額の、買い物をする必要が出てきます。
ぶっちゃけ同義がない『家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)』という言い方ですが、中心的に家族や近しい人を軸とした少ない人での葬儀の称して使用しています。
一日葬とは旧来は前日に通夜の仏事を行い、あくる日に葬儀・告別式と二日またいで実施される葬儀式を、お通夜を行わない一日で済んでしまうお葬式形態です。

家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)を想像して一般の人は『遺族の葬式』『家族と友人だけの祭事』が大半のイメージで、家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)儀の専門部にに相関する気分も各自だそうです。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)には正しい本義はなく家族を真ん中に、付き合いの深い人など故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】と結びつきのある人が呼び集まりお別れする少数での葬儀式を指すことが多いですね。
お別れのタイムは皆により棺桶のなかに好きな花などを入れて、故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】との現世の別れを行ってもらい、火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)場へ移動します。
仏の供養をやる残された人が焼失してしまうと一族、になり代わり、菩提寺の僧侶に託して、故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】が亡くなった日に、契約した年数、供養を実施して貰う事、永代供養と呼称しています。
今まではお墓というものはうら寂しい想いがしましたが、近頃は公園墓石等の明るいお墓が大手です。

妻や大切な人への望みを送り出す手紙として、それから自己のための記憶清算手記として、世代に関係なくのんきに記帳する事が可能な、生きる中でも助けになる手記です。
『終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)』と呼ばれるのは字の雰囲気のまま一生の終わり方の勉強であり、ラストライフをもっと得するすべく事前に用意していようと思われている活動の事です。
ご先祖に対しての供養ということで家族たちでしていく方が、良いと思いますが、それぞれの理由で、できないケースには、お寺に電話をかけ、卒塔婆を立てるお参りのみを、手配する事もあります。
元はお亡くなりになられた人に添付される称号じゃなくて、仏道修行を実行した、出家者に受け伝えるものでしたが、近年では、所定の儀式などを、実感した一般の人にも、授けられることになっています。
最近先生などは葬儀式や仏事でお経を読む人という感じが強いですが、大体僧侶とは釈迦の言葉や、仏教などを原則的にわかるように、届けるのが勤務なのです。