大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

bodhyの日記

仏教って?

無宗教のお見送りの際は自由にできる反面それなりの台本を指し示す…。

斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場瓜破斎場鶴見斎場が有名です。大阪府堺市では堺市立斎場公営斎場としてあります。民営斎場では、町屋斎場代々幡斎場などがあります)というのは本来古来神道の用語で儀式や典礼を執り行うところを言いましたが、現状では、転じてメインにお葬式を執り行うことが望める施設を指します。
無宗教のお見送りの際は自由にできる反面それなりの台本を指し示す、こともありますが、お望みや想いをもとに、お見送りの会を作り上げる、進行が大半です。
セレモニー会場から弔辞を望んだ人に収まるまで、希求すれば細かなことまで記す事が出来るのが遺言ノートの魅力です。

f:id:go-tokita:20170504134107g:plain


法要列席の方々に気持ちを清め如来の御前に仏になられた亡き者を迎えて、あらたまって心をかわされ、お祈りをするものであります。
葬儀と言う定式を執り行うことでご家族の死という大きな変化を受け入れ、気持ちを入れ替え新しい生活への、大きな一歩となります。

葬儀と告別式とは元来別で仏教の儀式では第一に宗教者による読経などがされた上で、その後に告別式、主にご家族ご親族が亡くなられた方をお見送りする会が、実行されます。
今までは墓石というものは不気味な概念がしたようですが、只今は公園墓地みたいなオシャレな墓園が大手です。
私が喪主(喪主とは、葬儀を主催する人をさします。喪主は誰がなるかという問題がありますが、世帯主が亡くなった場合は配偶者が、世帯主以外が亡くなった場合は世帯主または子供がなることが多いです)となるのは一族の葬儀妻のお葬式娘の葬儀ぐらいで、父親の葬儀も長男じゃないので務めることはないし、子供の葬儀も先に死ぬと喪主(喪主とは、葬儀を主催する人をさします。喪主は誰がなるかという問題がありますが、世帯主が亡くなった場合は配偶者が、世帯主以外が亡くなった場合は世帯主または子供がなることが多いです)にはなりません。
素敵な葬儀とはお別れに専念できる葬儀のことで立ち止まることなく無事に葬式を終わらせることができ、後悔なくさよなら出来ることが、良い葬儀かもしれません。
帰らぬ人の居室の始末クリーニング作業、粗大ごみのゴミ処理とかの遺品生理は、今まで不要者の手で執り行うのが常識でした。

 

大事な人の危篤を病院の先生から告示されたら、家族や親族や自身が会いたい人に、先ずは連絡するのがベストです。
先祖代々使用されてきた仏壇にはキズやシミの付着木地の反り金具の錆、彫刻の破損金箔のめくれ、により、見た目が悪くなります。
そんなように有力な方を失った身内、と比べて、身近な、人が、金銭の面を、応援、を申し出る。
仏のお参りを行う家族がゼロになってしまうとか親類、の代行者として、菩提寺の僧侶に任せて、亡くなった方の命日に、一定の日数、供養やお参りをすること、永代供養と呼称しています。
寺院と交わりがなく通夜の時に葬儀業者に坊主を仲買して頂くケースは、布施を如何程持っていけばいいのかわからないので、警戒心を抱く者も多いことでしょう。