大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

bodhyの日記

仏教って?

古くから地域密着といった業者が殆どみたいですがここ数年はお客様の事情に合わせたプランニングの葬儀社など…。

旧来お通夜に喪主(喪主とは、葬儀を主催する人をさします。喪主は誰がなるかという問題がありますが、世帯主が亡くなった場合は配偶者が、世帯主以外が亡くなった場合は世帯主または子供がなることが多いです)の口上はありませんでしたが、近頃はお通夜に参列する方が多く、謝辞を言われる方も増加しました。
古くから地域密着といった業者が殆どみたいですがここ数年はお客様の事情に合わせたプランニングの葬儀社など、特色を活用した、葬儀社も出現してきました。
葬儀は各プランによって料金や内容が非常に差異が出るだけに事前に東京都の、葬式の情報をおさえておけば、失敗しない、葬式を行えます。

f:id:go-tokita:20170504013806p:plain


葬儀社というのは葬儀に重要な支度を入手し葬式を執り行う役目を、背負う仕事を行う会社で、葬儀を行う事や、その件に従事する人の事を指します。
住宅で身内だけの法事をされるケースで戒名ではなくお亡くなりになった方の名前のほうが心に残ると思うならそれはそれで結構なのでは、無いかといえます。

通夜は本当は家族や親族が夜が明けるまで故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】にお供するものだったが、今日日では夜半に終了する半通夜が一般です。
名を惜しむ人が死んだことを現実として受け入れ亡くなった人のの霊を供養し集まった親族や友人と、その気持ちを同調する事が、深い悲しみを癒してくれます。
近頃では斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場瓜破斎場鶴見斎場が有名です。大阪府堺市では堺市立斎場公営斎場としてあります。民営斎場では、町屋斎場代々幡斎場などがあります)とも呼ばれているが古来祭祀儀礼を執り行う場所および、祭祀儀礼を遂行する建物全般を示す呼び名であり、通夜・葬儀告別式のみ行う会場で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場瓜破斎場鶴見斎場が有名です。大阪府堺市では堺市立斎場公営斎場としてあります。民営斎場では、町屋斎場代々幡斎場などがあります)と称して言うことが多いです。
後飾りは葬儀を終え白木祭壇を整理した後に遺影写真・ご遺骨・ご位牌などを自宅に安置しているための祭壇のことをさします。
お葬式セミナーや終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)情報セミナーや葬儀式典見学会などをしていますから、さしあたってそれらに顔を出すことを勧めます。

f:id:go-tokita:20170504013831p:plain

お仏壇とはご想像通り仏様つまり如来様をお勤めする壇のことで加えて近年では、死亡された肉親や、ご先祖を祀る為の場所と言う見方が、社会的になってきました。
通夜式と言う儀典を行うことで近しい人の死というつらい相違を受け入れ、気持ちを切り替え新しい生活への、行動する足がかりとなります。
四十九日(満中陰法要ともいいます。故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)法要の時とは異なり時間がたっても残存するもので大丈夫ですしその場所の慣習等によっても、バラバラですので、仏具店などでお問い合わせしてみるのもデパートなどでお問い合わせされるのも、良いでしょう。
納骨堂(室内などに個人やご家族で遺骨を納めることのできるお墓です。形式は多種多様でロッカー式のものをはじめ、納骨堂の建物のなかに墓石を置くもの(室内墓所)、また、上段には仏壇や位牌・下段には遺骨を置くスペースがある納骨壇など、さまざまなタイプがあります )は日本各地に建設されておりお参りに便利な駅に近いお寺や喧騒から離れた、静寂な寺まで、選択の幅は豊富です。
今日この頃は墓石の制作技量の大きな変化によりデザインの柔軟性が、激しく高くなり、オリジナルのお墓を、自らデザインをする事が、可能というわけです。