大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bodhyの日記

仏教って?

家で身内だけの法事をされるケースで戒名ではなくお亡くなりになった方の名前のほうが心のうちにしっくりくるのであればそれはそれで問題ないのでは…。

一昔前は通夜式は故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】と仲の良い人が夜明けまで仏の横で見取ることが習わしでしたが、現在は列席者をお迎えして通夜式を行い、数時間で閉式するのが大衆的です。
今頃は通夜・告別式をしない直接火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)場で仏を納骨を執り行う『直葬』を実践する親族が増加しています。
お葬式にこだわりというものは想像できないと思うかも知れませんがお葬式を想定する場合にはどこにポイントを置くべきか、という意味だとおみます。
今日まで葬儀業界を中継ぎに僧侶と大衆は紙一重で接点を持ってきたが、その葬儀式においても、仏教離れが進行した。
葬式の性質や行うべき部分は葬儀社が案内してくれますしご家族の挨拶もテンプレートが存在するので、それを少し喪主(喪主とは、葬儀を主催する人をさします。喪主は誰がなるかという問題がありますが、世帯主が亡くなった場合は配偶者が、世帯主以外が亡くなった場合は世帯主または子供がなることが多いです)の言葉をプラスして話をすれば良いと思います。

終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)というのは次の終生を『どんな風に生きたいか』と言われる希望を形にやること、終生の終焉に向かって生き生きとお膳立てすることで、良好な生きる活動です。
子供の時に母上を死なれたので祭祀は無知で、そして教えを乞う知り合いもいないから、一周忌といってもどうすればいいのか不明だと思います。
葬儀社ってのは葬儀になくてはならない支度を段取りし葬儀を執り行う役目を、担う仕事を行う組織で、葬式を行う商売や、その事に就業する人達の事を指します。
家で身内だけの法事をされるケースで戒名ではなくお亡くなりになった方の名前のほうが心のうちにしっくりくるのであればそれはそれで問題ないのでは、無いのではないかと考えます。
坊主と関わることがなく葬儀式の時に葬儀屋に宗教者を世話してもらうケースは、お布施の金額はどれくらい出金すればいいのかはかりかねるので、リスクを抱く人間も多いみたいです。

ホスピタリティで死んだケースでは霊安室から2時間程度で移動を依頼される事態も多々あり、お迎えの車を注文する要します。
ズバリと輪郭がない『家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)』というタイトルですが、本に家族や近しい人を軸としたいくぶんかの人数での葬儀の言い方として使用しています。
最近では墓石の製造技術の大きな進歩によりモデルの自由度が、思い切り躍進し、自らの墓石を、自ら企画する事が、出来る事になったわけなのです。
仏事と言う大典を取り組む現実を受け入れ現状を受け入れて、新しい生活を実践するための、スタートとなるでしょう。
現代では斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言われていますが事実祭祀儀礼を施行する場所および、祭祀儀礼を履行する施設全般を指摘する言い方であり、通夜・葬儀告別式のみ行う会場で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言うようです。