大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

bodhyの日記

仏教って?

最近先生は葬式や法要でお経を読む人というイメージがありますが…。

葬儀と告別式とは元来分けて行うもので仏教のお葬式では第一に僧侶による読経など行い、その先に告別式、主にご家族ご親族が故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】とお別れする会が、実施されています。
悔やむことのないお葬式を行うためにも漠然としていて問題ないのでお別れはこんな感じでお願いしたいなぁ、という考え方を、持つことを勧めます。
納骨堂(室内などに個人やご家族で遺骨を納めることのできるお墓です。形式は多種多様でロッカー式のものをはじめ、納骨堂の建物のなかに墓石を置くもの(室内墓所)、また、上段には仏壇や位牌・下段には遺骨を置くスペースがある納骨壇など、さまざまなタイプがあります )は大阪府内各地に建てられており駅に近くて便利なお寺や都会から離れた、静寂な寺院まで、選択の幅がたくさんあります。
院内で亡くなった時病室から2時間程度で退去を押し付けられるケースも多く、お迎えの霊柩車を手筈する要します。
ご自身の葬儀や葬送の段取りについて生前から決定しておく事を希望する人ご家族と談合したりエンディングノート(「エンディングノート」とは、自分にもしものことがあった時のために、伝えておきたいことをまとめておくノートのことです。2011年10月に「エンディングノート」という映画が公開されたため、注目される方が増えたようです)に書き写す人も増えております。

それから想定していないときは事前に打ち合わせを、していた葬儀社に葬式を託すことが望めますから、現実にといった時にも平穏に処理することができるはずです。
仏像や彫る人を想定した様々なデータが明記されており仏像の主観仏像の彫り方、有名仏師紹介、仏像の種や購入の方法、魅力はどこにあるのかなど多々あります。
葬儀をお膳立てする人は遺族総代、地元の代表や関係する集団、オフィスの関係者など、信用の高い人の助言を思念して決定するのがいいでしょう。
終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)というのは最後の余生を『悔いのないように生きたいか』と言われる思惑を形にやること、現生のエンディングに関してアクティブに手筈することで、素晴らしい暮らす動きです。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)にはブレない原義はなく家族を主体に、会社関係の方など故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】とつながりがある人が集結して見送る少数での葬式を言うことがだいたいですね。

そんなように必要な人を亡くしてしまった親族、に向けて、身近な、顔見知りが、経済の事情を、サポート、をする。
最近先生は葬式や法要でお経を読む人というイメージがありますが、大体宗教者とは釈迦の教えや、仏教を間違いなくわかりやすく、知らせるのが本義なのです。
自身が喪主(喪主とは、葬儀を主催する人をさします。喪主は誰がなるかという問題がありますが、世帯主が亡くなった場合は配偶者が、世帯主以外が亡くなった場合は世帯主または子供がなることが多いです)となるのは父の葬儀旦那さんのお葬式子供の葬儀ぐらいで、親のお葬式も長男ではないのでしないし、息子の葬儀式も先立つと喪主(喪主とは、葬儀を主催する人をさします。喪主は誰がなるかという問題がありますが、世帯主が亡くなった場合は配偶者が、世帯主以外が亡くなった場合は世帯主または子供がなることが多いです)をすることがありません。
通常であればお亡くなりになられた方に付けられる肩書じゃなくて、仏道修行を行った、出家者に伝授されるものでしたが、今では、特定の儀式などを、参加した普通の人にも、与えられることになっているようです。
気持ちの良いお葬式とはお別れに専念できる葬儀のことでスムーズに葬儀を完遂でき、最後のサヨナラを行うことが、良いお葬式といえるかもしれません。