大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

bodhyの日記

仏教って?

自分のお葬式や葬送のしかたについて生前から決めておく事を念願する方奥様と話し合ったりエンディングノート(「エンディングノート」とは…。

葬儀を事前準備する人は家族名代、地域の代表や関連する団体、会社の人など、信用のある人の助言を照らし合わせて決めるのがいいと思います。
今まで冠婚葬祭業界を中継ぎに寺院と大衆は紙一重で繋がりを持ってきたが、その仏事においても、仏事行事離れが始まった。
今頃は通夜式・告別式を遂行しない直に火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)して納骨を実行する『直葬』を仕切る親族が増加しています。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)にはブレない通念はなく親族を主体に、友人など故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】と関係性の強い人が首をそろえお別れするほんの少しの葬儀を指して言うことがだいたいですね。
亡父に至宝があり得ないから資産分割は関係ない、僕は何も賜るつもりがござらんので単独相続は関係ない、とはき違えをされる輩が大抵おられます。

家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)儀の現象として私たちは『遺族だけの祭事』『遺族と友人だけの葬儀』が多いようで、家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)の領域にに関係する認知も各々と言います。
本当なら死んだ人に与えてあげる肩書じゃなくて、仏道修行を積んだ、出家者に渡されるものでしたが、昨今では、システマティックな儀式などを、体感した普通の人にも、伝授されることになっています。
今までは墓というとどんよりとした実像がしてた感じですが、この頃は公園墓地等の快活な墓園が基幹です。
納骨堂(室内などに個人やご家族で遺骨を納めることのできるお墓です。形式は多種多様でロッカー式のものをはじめ、納骨堂の建物のなかに墓石を置くもの(室内墓所)、また、上段には仏壇や位牌・下段には遺骨を置くスペースがある納骨壇など、さまざまなタイプがあります )は全国各地に存在しており訪問に便利で駅に近いお寺や都内から距離を置いた、静かな寺院まで、ラインナップは豊富です。
四十九日(満中陰法要ともいいます。故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)は会場の準備や位牌の支度など準備を事前にしておくことが多く、(いつまでに何をするのか)ちゃんと心得ておく必須です。

自分のお葬式や葬送のしかたについて生前から決めておく事を念願する方奥様と話し合ったりエンディングノート(「エンディングノート」とは、自分にもしものことがあった時のために、伝えておきたいことをまとめておくノートのことです。2011年10月に「エンディングノート」という映画が公開されたため、注目される方が増えたようです)に書いて伝える人もいます。
「葬式お坊さん」という言葉も「葬儀・法事だけをしたがるお坊さん」を例えてみただけでなく「葬儀に取り組むから穢れている」という主旨をもったこともある。
現実的に参列した人を数名くらいお願いしてどんだけのスケールの葬儀を行うのかを選択したり、故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】の望みなどを考慮して、どんな感じの葬儀式を執り行うかを委託します。
穏やかにこじんまりと葬式を考えていたのにも関わらず派手で大きな祭壇や飾りを進められる場合は、葬儀社の考え方が、向いていません。
後飾り壇は葬儀が終わって片付けた後に遺影写真・ご遺骨・ご位牌などを満中陰法要まで安置してお祀りするための祭壇のことを後飾りと言います。