大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

bodhyの日記

仏教って?

動かぬ決まりがない『家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません…。

今日日は通夜・告別式をやらない直接火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)場で故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】を納骨を執り行う『直葬』を施行する家族が増えています。
人知れずひっそりと葬儀告別式を考えていたのに高価な祭壇や高価な飾りを奨励されるケースは、葬儀業者の方針が、あっていません。
無宗教のお見送りの際は縛りのない反面そこそこの台本を用いる、こともあり、お望みや気持ちをもとに、お見送りの儀を生み出す、進行が大半です。
動かぬ決まりがない『家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)』という類語ですが、主として喪主(喪主とは、葬儀を主催する人をさします。喪主は誰がなるかという問題がありますが、世帯主が亡くなった場合は配偶者が、世帯主以外が亡くなった場合は世帯主または子供がなることが多いです)や親族をメインとした少数での葬儀のブランド名として利用しています。
住宅で身内だけの法要をされる場合戒名ではなく亡くなられた人の呼び名のほうが心に残るのであればそれはそれとして悪くないのでは、無いかといえます。

最近では斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場瓜破斎場鶴見斎場が有名です。大阪府堺市では堺市立斎場公営斎場としてあります。民営斎場では、町屋斎場代々幡斎場などがあります)とも呼ばれるが本当は祭祀儀礼を施行するスペースおよび、祭祀儀礼を行う建物全般を指す呼び方であり、通夜・葬儀告別式を行う会場で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場瓜破斎場鶴見斎場が有名です。大阪府堺市では堺市立斎場公営斎場としてあります。民営斎場では、町屋斎場代々幡斎場などがあります)と称することも多いようです。
告別式と言う祭事を実施することで身近な人が亡くなるという区切りをつけ、新しい生活を実践するための、行動する足がかりとなります。
通夜はこれまでは遺族が常夜故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】に寄り添うものでしたが、現今では夜更け前に終わる半通夜が自然です。
お仏壇とはその名が示す通り仏様簡単にいうなれば如来様をお参りする壇の事を指し加えて近年では、死亡された肉親や、ご先祖を祀るものという見方が、社会的になりつつあります。
法事参加の方々に気持ちを静め菩薩の前面に仏になられた亡き者をお迎えし、あらたまって言葉を交わして、お祈りをするものだと思っています。

何がしかの葬儀を執り行うならばやはり思っている以上にプラスされますが、様々なプランによって、ざっくり100万円くらいは、削ることが可能です。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)儀の観念として自分は『ご遺族だけの祭儀』『遺族と友人だけの祭事』が概ねのイメージで、家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)儀のゾーンにに関係する理解も一つ一つのようです。
葬式と告別式とは本来別で仏教の考えのお葬式では先ず初めに僧侶による読経等々施し、そのうちに告別式、主に喪主(喪主とは、葬儀を主催する人をさします。喪主は誰がなるかという問題がありますが、世帯主が亡くなった場合は配偶者が、世帯主以外が亡くなった場合は世帯主または子供がなることが多いです)・家族が故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】とお別れする会が、行われています。
我らしい末期を迎えるために祖母が健康を損ねたり出来事で大病や異変で表せなくなっても晩期まで彼の考え方をリスペクトした治療します。
お葬式にこだわりなんかといったような想像できないと思うかも知れませんが葬儀を想像する以上はどういうところを優先するべきか、ということだと思います。